「ヨナオシフォーラム2020」(代表世話人:金子勝)は、小林慶一郎氏、藻谷浩介氏をスピーカーに迎え、下記のとおり、第5回 集会を開催いたします。

第5回会合では、国の分科会委員も務める小林慶一郎東京財団政策研究所研究主幹と藻谷浩介㈱日本総合研究所主席研究員のお二人から、「徹底的な検査による地域からの経済再生」をテーマにお話しいただき、議論を深めます。

開催概要

日時:2020年8月19日(水) 14:00 〜 15:30
会場:衆議院第2議員会館 第7会議室および Zoom
主催:ヨナオシフォーラム2020(代表世話人: 金子勝)

講演:

「コロナ感染症の積極的感染防止戦略」

小林慶一郎 / 東京財団政策研究所研究主幹、国の新型コロナウイルス感染症対策分科会委員

新型コロナウイルス感染症との闘いは長期化し、行動自粛と経済再開の繰り返しでは、経済社会が持続可能ではない。感染症検査を拡充し、幅広い接触者の行動調査で感染者を早期発見し、待機療養施設に囲い込む積極的な感染防止の政策対応が求められる。こうした政策実現に向けた現状と課題を論じる。

略歴

東京大学大学院工学修士、シカゴ大学経済学博士。経済産業省、経済産業研究所、一橋大学経済研究所を経て、2013年から慶應義塾大学経済学部教授。兼職:慶應義塾大学経済学部客員教授、経済産業研究所ファカルティーフェロー、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

著作等
『財政破綻後―― 危機のシナリオ分析』共著(日本経済新聞出版社、2018)、『財政と民主主義――ポピュリズムは債務危機への道か』共著(日本経済新聞出版社、2017)、『ROE最貧国日本を変える』共著(日本経済新聞出版社、2014)、『ジャパン・クライシス』共著(筑摩書房、2014)、『日本破綻を防ぐ2つのプラン』共著(日経プレミアシリーズ、2011)、『日本経済の罠』加藤上席研究員との共著(日本経済新聞社、2001、2009。第44回日経・経済図書文化賞、第1回大佛次郎論壇賞奨励賞)

小林慶一郎

東京財団政策研究所研究主幹、国の新型コロナウイルス感染症対策分科会委員

講演:

「ウィズコロナ時代の地方再生」

藻谷浩介 / 日本総合研究所 主席研究員

政府お仕着せの「地方創生」では、うまく行かない。霞が関で常識とされていることには、実は科学的根拠が全くなく、それどころか誤った事実認識に基づいていることが多いからだ。全ての地域には固有の状況があり、一般論は通用しない。地方再生に「魔法の杖」などない。しかし、現場に行けば必ずヒントは見つかる。平成合併前3,200市町村のすべて 、海外114ヶ国に自ら足を運び、自分の目と耳で確かめ、考え、見出した法則の一端を紹介するとともに、新型コロナ禍で、地方が新たな社会への大転換の主導者となる可能性が開けてきたことを示してみたい。

略歴

(株 )日本総合研究所 主席研究員 会社に席のない単年度更新年俸制社員・現職
(株) 日本 政策投資銀行 地域 企画部 特任顧問 非常勤など

1964年6月18日生まれ(56歳)山口県 出身
1988年 東京大学法学部卒
1994年 米国コロンビア大学経営大学院卒業(経営学修士 =MBA)

平成合併前3,200市町村のすべて、海外114ヶ国を自費で訪問し、地域特性を多面的に把握。地域振興、人口成熟問題、観光振興などに関し、精力的に研究・著作・講演を行う。2012年より現職。 著書に『デフレ の正体』『里山資本主義』(KADOKAWA)、『しなやかな日本列島のつくりかた』『観光立国の正体』(新潮社)など。近著に『世界まちかど地政学 Next』(文藝春秋) 。

藻谷浩介

日本総合研究所 主席研究員

参加方法:Zoom もしくは YouTube Live によるご参加をお願いします。

Zoom 参加登録
YouTube Live

第5回 集会に関するお問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。

お問い合わせ