「ヨナオシフォーラム2020」(代表世話人:金子勝)は、金井利之氏、古賀茂明氏をスピーカーに迎え、下記のとおり、第9回 集会を開催いたします。

第9回集会では、「菅(スガ)政権の施策をどう見るか」をテーマとします。安倍前政権の「レガシー」である「節度を失った政治」と「忖度が行き過ぎた官僚」の問題は、直近の日本学術会議会員人事にも見られるように、科学技術にも行き過ぎた忖度を求める方向に、増幅されています。これらを見据え、あらためて官僚と政治の関係、政治行政と知識・技術の関係を議論し、本来あるべき政治行政改革の方向性を探ります。

開催概要

日時:2020年10月23日(金) 10:30 〜 12:00
会場:衆議院第2議員会館 第6会議室および Zoom
主催:ヨナオシフォーラム2020(代表世話人: 金子勝)

講演:

「菅政権の施策をどう見るか~あらためて民衆と官僚と政治の関係を考える」

金井利之 / 東京大学大学院法学政治学研究科 教授

略歴

1967年生まれ。89年東京大法学部卒業、東京都立大助教授を経て現職。専門は自治体行政学。著書に『自治制度』(東京大学出版会)、『実践自治体行政学』(第一法規株式会社)、『原発と自治体――「核害」とどう向き合うか』(岩波書店)、共著に『地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか』(筑摩書房)、編著に『分権改革の動態』(東京大学出版会)『原発被災地の復興シナリオ・プランニング』(公人の友社)など。

金井利之

東京大学大学院法学政治学研究科 教授

講演:

「内閣人事局の本来の意図、官邸官僚問題、失敗が予見されるデジタル庁(仮題)」

古賀茂明 / 当フォーラム世話人、フォーラム4主宰者

略歴

1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒。元経済産業省の改革派官僚。産業再生機構執行役員、内閣審議官などを経て2011年退官。主著『日本中枢の崩壊』(講談社文庫)など。

古賀茂明

フォーラム4 主催者

コメント:

「日本学術会議会員人事問題について」

大沢真理 / 当フォーラム世話人、日本学術会議連携会員・第22期第一部副部長

略歴

東京大学名誉教授。専門は社会政策。日本学術会議会員。経済学博士。群馬県出身。著書に『生活保障のガバナンス:ジェンダーとお金の流れで読み解く』(岩波書店)、『現代日本の生活保障システム: 座標とゆくえ』(岩波書店)、『男女共同参画社会をつくる』(NHK出版)など。

大沢真理

日本学術会議連携会員

参加方法:Zoom もしくは YouTube Live によるご参加をお願いします。

Zoom 参加登録
YouTube Live

第9回 集会に関するお問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。

お問い合わせ